【起業に成功する人・失敗する人】第11回:起業してすぐに使えるクレジットカード

新しい働き方ブログ
2017年05月09日

会社を経営していく上では、遅かれ早かれクレジットカードが必要になってくるはずです。ネットでは「支払いを一括化できる」という触れ込みで、起業後すぐにクレジットカードを作ることをオススメしています。では一体、どのクレジットカードなら起業時にでも使うことができるのでしょうか?今回は企業してすぐに使えるクレジットカードについて紹介します。


法人向けクレジットカードの現実

まず知っていただきたいのは、起業時における「クレジットカード審査の現実」についてです。クレジットカードは支払いの一本化ができるため、税務管理が楽になったり、資金が足りてない時の緊急決済方法として利用することができます。


しかし現実には、起業時にはなかなかクレジットカードをつくることができません。ネットには「起業時に使えるカードはこれ!」と軽々しく書かれていることもありますが、法人向けクレジットカード審査はそんなに甘いものではありません。大企業で役職経験があるなど前職の経歴がしっかりしており、さらに1000万円近くの自己資金(資本金)等が揃っていなければ、かなり難しいのが現状です。


とはいえ、どうしてもクレジットカードが必要なのであれば、法人名義のクレジットカードではなく、本人(個人)名義のカードを使うのが賢明です。もちろんここでも、会社勤めの頃よりは審査が通りにくいのが現状。そこで、審査が比較的クリアしやすいカードをご紹介いたします。


楽天カード

CMでお馴染みの楽天カードは、起業したばかりの経営者でも比較的審査が通りやすいクレジットカードです。会社員時代に楽天銀行を給料振り込み口座にしていたのなら、さらに通りやすくなるはずです。


審査に通る可能性が高いとはいえ、利用できるショッピング枠には期待しないように。おそらく5万円~10万円ほどの利用限度額になることでしょう。またキャッシング枠については設定すらされない可能性が高いため、最初から申し込みしない方がベターです。


アコムクレジットカード

消費者金融のアコムでは、クレジットカード発行サービスが行われています。起業時に発行してもらうクレジットカードにはショッピング枠だけが付いて、キャッシング枠がつかないことが多いのですが、アコムならキャッシング枠も付けることが可能でしょう。それぞれの利用金額も多くなりがちで、起業時ながら30~50万円ほどの利用枠になることもあります。


一般的にクレジットカードの審査から発行までは1か月近くかかるのが通例ですが、最速で1日で発行が可能。とにかくはやくクレジットカードが欲しいという人にはアコム一択と言っても過言ではないはず。とはいえ、「消費者金融にお世話になる」のがどうしても嫌な人には、厳しいでしょう。


ハウスカード

「ハウスカード」という言葉を初めて聞いた人も多いと思います。ハウスカードは、「ある特定の企業でしか使えないクレジットカード」のこと。有名なのがコスモ石油のハウスカードです。コスモ石油でしか使えませんが、ガソリン決済を一括化したい人には重宝されています。


ハウスカードは「特定の企業しか使えない」という強い縛りがあるため、他のクレジットカードに比べて審査はかなり緩めです。起業したばかりの個人でも利用できるハウスカードは数多く存在します。ガソリンスタンドだけではなく、百貨店やJRなどのハウスカードもありますので、使う頻度に合わせて検討してみてもいいかもしれません。


Vプリカ

審査不要のクレジットカードということで、知名度を上げているのがVプリカです。事前に入金した分の金額まではクレジット機能を使えるデビットカードのような機能があります。


ビジネスに利用できる各種サービスにはクレジット決済しか対応していないことが多いですが、Vプリカであれば、手元にないお金からは決済ができませんので、使いすぎを防ぐことができます。なお、Vプリカはヴァーチャルなカードで、発行されたカード番号とセキュリティコードだけで運用するため、実店舗では利用することができないので注意が必要です。


まとめ

起業してすぐに法人向けクレジットカードを使うことは基本的に難しいということが、ご理解いただけたでしょうか。まずは審査がやさしい個人向けクレジットカードを検討してみることを、おすすめします。


記事制作/イソダ カツヤ


ビジネスノマドジャーナル編集部
専門家と1時間相談できるサービスX-bookを介して、企業の課題を手軽に解決します。業界リサーチから経営相談、新規事業のブレストまで幅広い形の事例を情報発信していきます。
▼ この記事を気に入ったらシェアをお願い致します。 ▼

オススメ記事